地域一番の安さに挑戦

お人形Q&A

  • HOME »
  • お人形Q&A

羽子板・破魔弓Q&A 作成しました。

初正月に羽子板や破魔弓を飾るのは丈夫にすこやかに育つように、また魔除けや厄払いの意味があります。また、景気をはね(羽根)上げるということで家内安全・商売繁盛のお守りとしての羽子板、無病息災・魔除けの縁起物としての破魔弓を飾ることもあります。

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月─初正月。
その際に赤ちゃんの祖父母や親戚、仲人、友人などが、女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈ってお祝いいたします。

羽子板
羽子板の歴史は室町時代に始まります。最初は貴族の遊技として楽しまれていましたが時代が経つにつれ一般庶民の間にも流行するようになってゆきました。トンボが子供の病気の原因となる蚊を食べてくれるようにと祈り、トンボにみたてた羽を打つ羽つきとして広まっていったのです。江戸時代に入ると、女児の誕生に羽子板を贈る習慣が盛んになりました。これは生まれた子供が邪気をはね(羽根)のけ、福徳豊かにすこやかに成人するようにという願いを、優雅で華麗な装飾を施した羽子板に託したのだといいます。また縁起の良い末広がりの形である事から景気をはね(羽根)上げると伝えられる羽子板は、家内安全・商売繁盛のお守りとして飾られています。

破魔弓
古く中国では、端午の節句に鍾馗(しょうき)と呼ばれる強い武神が現れ弓で悪霊を平らげるという言い伝えがあったといいます。このような風習が日本の宮中にも伝えられ、天智天皇の時代の天智9年(西暦670)のお正月には、弓で的を射る「射礼」「大射」などの儀式が行われていました。平安時代にさらに盛んになりましたが、後に『葦(あし)の矢』を用いた追儺(ついな)(宮中で悪魔を駆除する儀式)に変わり、次第に年頭の飾りものとなってゆきました。そして「はま」と呼ばれるこの的と「破魔」の語呂合わせから破魔弓は、男の子の出世と健康への祈りを託すものとして一般庶民に広まっていったのです。

おひな様のQ&A 作成しました。

雛人形の歴史は古く平安初期、今から1,000年も前にさかのぼります。源氏物語の中にも「ひいなの遊び」と呼んで宮中の幼い姫たちの人形遊びが記されています。古くから中国には3月3日あるいは、三月上巳(最初の巳の日)に水辺でお祓いをする行事がありました。この行事が日本に伝わり、お祓いをした人形(紙や草でつくった簡素な型代)を水に流して送る日本古来の風習と結びついて「流し雛」の風習が生まれました。これがひな祭りの起こりといわれています。

Q:雛人形は誰が買うのでしょうか?

A: 雛人形はかつて嫁入道具の一つとして婚家へ贈る習慣がありました。そんな歴史からお嫁さんの実家から孫の健やかな成長を祈って贈るのが一般的です。しかし現在では、両家で折半で買うこともありますのでご兄弟や親戚 からのお祝金などを予算に加え、両家で相談の上、お祝いしてはいかがでしょう。

Q:予算を決める場合、何か目安がありますか?

A: 多くの方が予算を決めるのに苦労されているようですが、全国平均から申しますと七段飾りの場合20万~50万円三段飾りは15万~40万円、江戸木目込み人形の場合10万~20万円、親王飾りは8万~18万円が一つの目安となっています。
※木目込み人形とは本体(胴体)につけられた溝に衣装になる布の一端を木目込んで(埋め込んで)作られた人形のことです。 木目込み人形は衣装着の雛人形に比べてお手入れが簡単です。

Q:おひなさまはいつ頃買っていつ頃飾るのでしょうか?

A: 初節句(桃の節句・ひな祭り)の場合、立春すぎから2月中旬までに飾りたいものです。また購入は、12月初旬から1月末までに致しましょう。お人形は手づくりのため数量に限りがありますので、早めの購入をおすすめいたします。

Q:おひなさまを選ぶポイントをおしえてください?

A: 飾る場所、収納スペースを考えてあらかじめお部屋のサイズを調べておきます。それから木目込み人形や各お人形をみる訳ですが、まず予算を決めてからお顔はもちろん、衣装、特にお仕立て、形等全体の調和のとれたものを選びましょう。

Q:次女、三女のおひなさまはどうすればいいのでしょう?

A: 雛人形はひな祭りに女の子の健やかな成長を祈って飾ります。その子に一切の厄災がふりかからぬよう、おひなさまが身代わりになってくれるのです。お母様の雛人形を譲ったり、姉妹で兼用するのは避けたいもの。小さいものでも価格にこだわらずにそれぞれのお子様に揃えてあげてください。立雛や木目込み親王、市松人形などをおすすめいたします。
※木目込み親王は、木目込み人形の女雛と男雛がセットになったものです。

Q:お客様を自宅に招いてのお祝いの仕方をおしえてください?

A: 実家の御両親や兄弟、仲人夫妻、親類、友人の順にお招きしましょう。料理は和食、洋食どちらでもかまいませんが、「はまぐりの吸い物」「草餅」「白酒か甘酒」等、雛料理にふさわしいものを用意しましょう。菜の花や桃の花を飾り、季節感も忘れずに出しましょう。

Q:おひなさま各々の説明をしてください?

A:雛人形は、宮中の殿上人の装束(平安装束)を模しています。
親王(しんのう)・・・お殿様、お姫様が親王台の上に座っています。三方を真中に置き後ろに屏風、両脇にぼんぼりを飾ります。
三人官女(さんにんかんじょ)・・・儀式のとき盃を使ってお酒を回し飲みする式三献の給仕役です。中央に座っている方が女官長で三方(島台)を持っています。
五人囃(ごにんばやし)・・・宴を盛り上げる能の囃し方、向かって右から謡・横笛・小鼓・大鼓・太鼓と左にゆくほど音の大きな楽器となります。
七人雅楽(しちにんががく)・・・雅楽は日本最古の宮廷雅楽(皇室音楽)のことで日本の伝統芸術の原点といわれます。江戸時代町家で親王雛に五人囃が加わる頃、公家では一層鮮やかに七人雅楽が飾られるようになりました。
随身(ずいしん)・・・親王様を護衛する武官で左手に弓、右手に矢を持ち、征矢を背負っています。向かって右が左大臣で学問を司り、向かって左は右大臣で武術を受け持っています。
三人仕丁(さんにんしちょう)・・・宮中の雑役を努める人たちです。三人上戸といって泣き顔、笑い顔、怒り顔をしていて人間の喜怒哀楽をあらわしています。

Q:初節句のお祝いをいただきました。お返し方法をおしえてください?

A: お返しは初節句から一週間以内にします。お礼の手紙と赤ちゃんのスナップ写真をお赤飯や祝儀用詰合せなどと添えて贈ることが多いようです。のし紙には「内祝」「桃の花一枝にかえて」とし、紅白の蝶結びの水引の下に子供の名前を書きます。ただし、お祝いの席に招待した方にはお返しの必要はありません。

Q:男雛と女雛、向かって右、左どちら?

A: 一般的には向かって左に男雛、右に女雛を飾ります。この飾りは昭和以降、関東を中心に広まったもので、古式を好む京都では左右逆の飾り方をしています。古風なら左(向かって右)を上座に、現代風なら右(向かって左)を上座にと好き好きに飾ってよいのです。つまり、どちらに飾っても間違いではありません。

五月人形Q&A 作成しました。

“端午の節句の由来”

端午の節句
「端午」とは古来、月初めの午の日を指しましたが、奇数月の同じ数字の重なる日を節句としたならわしから、いつの頃からか五月五日に限られるようになったものです。この日が「子供の日」として祝日に定められたのは、昭和23年。厄除けにつながる菖蒲湯の風習を残しながら、武者人形などの五月人形を飾って男の子の成長を祝う習慣は、我が国独自の端午の節句行事として、現代にも受け継がれています。

五月人形
昔、武士の家に男の子がうまれると、玄関前に兜や人形などを飾り、幟や吹流しを立ててお祝いしていたそうです。また、その子が初陣を飾るときの為に、鎧を新調する風習がありました。五月人形は、それが合わさって、時代の移り変わりと共に規模が小さくなり、屋内に飾られるようになったものと言われています。

こいのぼり(鯉のぼり)・登竜門
こいのぼり(鯉のぼり)の由来は、鯉が「龍門」という急流の川をのぼると龍になって天へ登るという中国の伝説からきています。健やかな成長と立身出世を願うご家族の温かいまごころです。こいのぼりを立てることは、男児の誕生を天に告げ、その守護を願うための目印ともされています。

内飾りの五月人形や鎧兜と外飾りのこいのぼり
端午の節句には室内に飾る五月人形や鎧兜と屋外に飾るこいのぼりがあります。五月人形などは厄などからお子様を守るために、こいのぼりには健やかな成長と立身出世を願う想いがあります。内飾りの五月人形、外飾りのこいのぼりの両方を揃えてお子様をお祝いしたいものです。

“端午の節句Q&A”

Q:五月人形は誰が買うのでしょうか?

A: 全国的にみて、お嫁さんの実家でお揃えする習慣が多いようですが、しきたりや習慣にとらわれるよりも、子供の成長を心から祝福する気持ちを大切にして、ご両家で相談されて予算を決め、無理なく出来る範囲でお祝いしたらいかがでしょうか?

Q:どのような種類の五月人形がありますか?

A:兜を中心に屏風や弓太刀などを飾る「兜飾り」、鎧を中心に飾る鎧飾り、子供の武者姿を飾る子供大将飾り、木目込み人形で作った五月人形などがあります。

Q:予算を決める場合の目安をおしえてください。

A: 五月人形であれば、鎧飾りで15万~30万円、兜飾りで10万~20万円、武者飾りで10万15万円がだいたいの目安となります。こいのぼりは長さによって決まりますが、平均4m6点セット(こいのぼり用ポール付)で4~10万円がご予算となります。

Q:五月人形はいつ頃買って、いつ頃飾るのでしょうか?

A: 初節句の場合、3月下旬から4月の初旬にかけて購入するようにしましょう。しかし、お店によっては早期割引セールの特典がついている場合がありますので、早期にご予約をしておきましょう。春分の日頃から4月中旬までにはお飾りください。

Q:五月人形の選び方をおしえてください?

A: まず御予算を決めて、飾る場所のサイズや収納スペースも調べておきます。五月飾りには鎧飾り、兜飾り、武将飾りなどが代表的なものです。品質や大きさのバランス等、全体の調和のとれたものをお選びください。

Q:次男、三男が生まれたらどうすればいいでしょうか?

A: お父様の五月人形を譲ったり、兄弟で兼用するのは避けたいもの。価格に関係なくそれぞれのお子様に揃えてあげてください。小さな兜飾りや武将飾り、こいのぼりや武者人形などをおすすめいたします。

Q:初節句のお祝いをいただきました。お返し方法をおしえてください?

A:お返しは初節句から1週間以内にします。古くから、ちまき、又は柏餅が多く使われます。それに菖蒲やお礼の手紙、赤ちゃんの写 真などをつけるとなお喜ばれるでしょう。のし紙には内祝とし、子供の名前を書きます。お祝いの席に招待すれば、お返しの必要はありません。

Q:お客様を自宅に招いてのお祝いの仕方をおしえてください?

A:本来は5月5日の当日か、5月4日の晩(宵節句)に両家の祖父母や親戚、友人などをお招きします。お料理は和食、洋食のどちらでもかまいませんが、端午の節句にふさわしい粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)などは、ぜひ用意しましょう。又、五月人形や菖蒲を飾り、子供の無病息災を願うパーティーにしたいものです。

Q: 色々な飾りがセットになった五月人形の飾り方をおしえてください。

一般的には、一番後ろに屏風を置いた状態で、中心に兜か鎧、子供大将を置き、向かって右側には太刀、左側には弓を飾ります。五月人形のセットの中にかがり火がある場合は弓太刀の手前に置きます。

Q:家紋はどこにつけて飾るのでしょうか?

男児の誕生は世継ぎが生まれたということで、特に意義深い喜びであります。家紋は勝ちどき旗(関東地方)や陣屋提灯(じんやちょうちん)、吹流し(全国共通 )などに染めてつけるのが昔からの正式な決まりです。

Q:五月人形の保管方法をおしえてください?

比較的湿気の少ない納戸や押入れの上段、あるいは天袋などに保管してください。やわらかい布などでそっと包んで、ホコリやチリから守ってあげましょう。防虫剤などは適量をこえると破損の原因となります(飾り方しおり等読んでおきましょう)ので注意しましょう。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-758-2331 営業時間10:00-18:00

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

メッセージ本文

営業日カレンダー

ソーシャル

PAGETOP
Copyright © 人形の永徳 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.