羽子板・破魔弓Q&A 作成しました。

ーーーーーーー羽子板・破魔弓の由来
お正月初正月に羽子板や破魔弓を飾るのは丈夫にすこやかに育つように、また魔除けや厄払いの意味があります。また、景気をはね(羽根)上げるということで家内安全・商売繁盛のお守りとしての羽子板、無病息災・魔除けの縁起物としての破魔弓を飾ることもあります。

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月─初正月。
その際に赤ちゃんの祖父母や親戚、仲人、友人などが、女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈ってお祝いいたします。

羽子板
羽子板の歴史は室町時代に始まります。最初は貴族の遊技として楽しまれていましたが時代が経つにつれ一般庶民の間にも流行するようになってゆきました。トンボが子供の病気の原因となる蚊を食べてくれるようにと祈り、トンボにみたてた羽を打つ羽つきとして広まっていったのです。江戸時代に入ると、女児の誕生に羽子板を贈る習慣が盛んになりました。これは生まれた子供が邪気をはね(羽根)のけ、福徳豊かにすこやかに成人するようにという願いを、優雅で華麗な装飾を施した羽子板に託したのだといいます。また縁起の良い末広がりの形である事から景気をはね(羽根)上げると伝えられる羽子板は、家内安全・商売繁盛のお守りとして飾られています。

破魔弓
古く中国では、端午の節句に鍾馗(しょうき)と呼ばれる強い武神が現れ弓で悪霊を平らげるという言い伝えがあったといいます。このような風習が日本の宮中にも伝えられ、天智天皇の時代の天智9年(西暦670)のお正月には、弓で的を射る「射礼」「大射」などの儀式が行われていました。平安時代にさらに盛んになりましたが、後に『葦(あし)の矢』を用いた追儺(ついな)(宮中で悪魔を駆除する儀式)に変わり、次第に年頭の飾りものとなってゆきました。そして「はま」と呼ばれるこの的と「破魔」の語呂合わせから破魔弓は、男の子の出世と健康への祈りを託すものとして一般庶民に広まっていったのです。